しゅふきたは主婦の「働く」を応援する北海道の求人情報サイトです[毎週月曜更新]

2018/11/05[mon] update

働く主婦のリアルボイス!【ドーミー大通東】

たまたま目にした、自宅から徒歩圏内の求人広告。
なんとなく過ごしがちな夕方から夜の時間を活用し、
昼も夜も、丸1日を有効に使える仕事です。

松下泰子さん(49歳)
ご主人と、独立して暮らしている21歳の息子さんとの3人家族。高校卒業後は銀行に勤め、結婚後も出産までの間や、子育てが落ち着いてからも銀行でパート勤務。体調の変化もあり、自分のリズムを取り戻すために1年ほど仕事をしていなかったが、2017年12月より現在の職場へ。月曜から土曜の17時〜21時に、寮の夕食調理サポートの仕事をしている。
なんとなく見た「しゅふきた」で募集に出合う。
結婚退職するまで、銀行で働いていました。子どもが生まれる前や子育てが落ち着いてからも、銀行でパート勤務をしていたんです。体調を崩したこともあり、自分のリズムを取り戻そうと思って、1年ほど仕事をしない期間がありましたが、そろそろ外で働こうかなと思った時に、たまたま「しゅふきた」を見たんですね。それこそ働く条件などもまったく考えていなかったので、「今はどんな条件で、どんな仕事があって、どんな職種が多いのかな?」という興味でサイトを覗いてみたんです。それで当時の寮長さんと寮母さんの写真が目に留まり、詳細を見たら自宅からも近く、仕事内容も自分にできそうな気がしたので、「とりあえず話を聞いてみよう!」という気持ちで面接を受けることにしました。応募の電話をした時も、「写真に写っていた人が出るのかな」と思うと安心感がありましたね。

全体の流れを理解すれば、どんな仕事にも共通点がある。
私の仕事は、調理をする寮母さんのサポートです。食材や調理器具を洗ったり、利用者さんが食べ終えた食器を片付けたり。主婦として料理はしていたものの、仕事で調理をした経験はありません。「未経験の仕事でも大丈夫ですか?」って聞かれても、なにせ経験がなかったので、「レベルは違っても、PTA活動のバザーでカレーを作った雰囲気に似ているのかしら?」と思って「大丈夫です!」なんて言ってしまい…。実際に仕事を始めると、やはりPTAのカレー作りとは全然違いました。最初は不安でしたが、ある時ふと、「食材がお金」で「お皿が伝票」だと、過去の仕事に置きかえて考えられるようになり、腑に落ちました。何時にスタートして、お客様にお出しして、お皿が戻ってきて、何時までに片付ける。作業をひとつの大きな流れとして捉えると、銀行の仕事と調理の仕事の共通点が見えてきたんです。一つひとつの手順は教えていただきながらメモをしながら覚える必要がありましたが、全体の流れをつかもうと思いながら仕事を覚えていったんです。

なんとなく過ごしがちな時間を活用できる仕事。
家でのご飯作りは自分が良ければOKですが、仕事の調理は、調理の中心となる寮母さんが思い描いた目標に向かって、チームワークで作業を進めることが大切です。私を含めた3名で夕食準備をするので、ベテランのおふたりの流れを乱さないようにサポートするよう心がけています。17時〜21時という時間の仕事は、時間を有効に使えることが魅力です。息子は独立して家にいませんし、今は主人の仕事の関係で家族の夕食を用意しなくていいので、ついなんとなくテレビを観て過ごしてしまうような時間帯を活用できるんですね。早めに夕食を済ませてから仕事に行き、帰ってきたらお風呂に入ってすぐに就寝。立ち仕事ではありますが、1〜2週間程度で慣れましたし、年を重ねても長く働ける仕事だと思います。食品を扱うので、衛生管理のことは勉強になります。夏場は、自宅でも応用したりして。利用者さんは、息子と同年代の若者が中心なので、みなさんかわいらしいですよ「こんばんは!」ってお迎えし、夕食を食べてからアルバイトに行く利用者さんには「行ってらっしゃい!」って送り出します。調理場も食堂も明るい職場なので、しばらくは今のペースで働きたいなって思っています。

手の空いた時間にやることを見つけ、すぐに行動してくれる方だと思います。

松下さんは、こういった調理の経験はなかったそうですが、しっかり働いてくださるまじめな方です。調理の仕事は衛生面を意識しなければなりませんから、まじめなことはとても大切なんです。また、利用者さん相手の商売なので、明るい人柄であることも欠かせません。手が空いた時間にササッと掃除をしてくれたり、細かいことに気づいてすぐに行動してくれる方なので、とても頼りにしています。松下さんがやってくださっている調理サポートは、元気であれば年齢を問わずに長く働ける仕事です。実際に、これまで60代〜70代の方も長い間活躍してくださいました。食事をされる利用者さんにとっては、お母さんのような存在です。
マネージャー/仁禮さん

ドーミー大通東

大学生や専門学校生のほか、社会人が暮らす全128部屋の寮。住み込みの寮長・寮母を中心に、パート従業員が朝食と夕食の調理サポートを行っている。
札幌市中央区大通東3丁目2-8
TEL.011-221-2725