しゅふきたは主婦の「働く」を応援する北海道の求人情報サイトです[毎週月曜更新]

2017/10/23[mon] update

みんなのシゴトスタイル【スーパーアークス パルプタウン】

スーパーの水産部門スタッフ

松田由美さん(46歳)
勤務歴/約2年
家族構成/夫、子ども(20歳・高2・中2)、夫の両親
勤務/週3〜4日、13:00〜17:30

Q.どんなお仕事?
魚をトレイに入れて自動包装機でパックしたり、売場に商品を出したり、刺身を作ったりしています。売場に出た時、お客様から魚の調理方法などを聞かれて答えることもありますね。また、売出しの時間に合わせてプライスカードを付け替える仕事も任されています。

Q.ここで働き始めたきっかけは?
家族でよく釣りを楽しんでいて、魚に触れる機会が多く興味があったからです。自己流で魚をさばいていたので、ここで働けば、もっと奇麗に切れるようになるかなという気持ちもありました。今は市外に住んでいるのですが、旭川は結婚するまで暮らしていた町で実家もあって通い慣れているため、通勤に時間がかかることはあまり気になりませんでしたね。

Q.心掛けていることややりがいは?
トレイへ魚を入れたり売場に陳列したりする時は、商品内容がよく分かるような向きや並べ方を心掛けています。また、表示ラベルの値段や消費期限なども間違いがないか、しっかり確認します。主婦として、自分が買物に来た時にどんな商品や売場なら買いたくなるかをいつも考えながら仕事をしています。
魚の切り方を覚えたかったので自分から参加を申し出て、会社主催の包丁技術の研修会に1年通い、包丁の研ぎ方から盛り付けまで教わりました。以前より、自信を持って提供できるようになったのでうれしいですね。お客様に「奇麗におろしてくれてありがとう」と言っていただけた時、この仕事をやっていて良かったと思います。

Q.この職場のどんなところが好き?
一緒に働く仲間はみなさん話しやすく、職場の雰囲気はとても明るいです。うちの子どもたちは大きくなったとは言え、急に体調を崩した場合は病院に連れて行かなければならないので、仕事を休むことになります。申し訳ないと思いながらお店に連絡を入れると、主任が「大丈夫!」と力強く言ってくださるので、ありがたいですね。ずっと働き続けていきたいと思っています。

スーパーアークス パルプタウン

旭川市パルプ町1条2丁目505-2
TEL.0166-20-2525