しゅふきたは主婦の「働く」を応援する北海道の求人情報サイトです[毎週月曜更新]

2017/06/05[mon] update

私のシゴト探しSTORY【佐藤さんの場合】

今はまだ子どもたち中心の生活を守りながら、
自分のペースで無理なく働いていきたい。

佐藤絵里さん(41歳)
結婚前は旅行会社のオペレーターとして発券手続きなどを担当。結婚後は家事・育児に専念し、下のお子さんが小学校に上がるころ10年のブランクを経て仕事復帰。現在は8:00〜13:00、週に3〜4日の勤務で、工場のピッキング作業をしている。ご主人、二人の娘さん(中1と小4)の4人家族。
20社くらい不採用が続き、かなり落ち込んだことも…。
仕事探しを始めたころ、下の子がまだ小学校に上がるか上がらないかのころでしたので、9:00〜14:00くらいの勤務時間で日曜に休める仕事を探していたんです。最初は履歴書を送っても書類選考で落とされ、面接に進むことすらありませんでした。やっと面接にこぎつけてもなかなか採用されず、1カ月に1〜2社応募し続けたのですが、気持ちも落ち込んだうえ、身内でもちょっといろいろあって、いったん仕事探しをお休みすることにしました。何が悪かったのか自分ではわかりませんが、もしかしたら履歴書に希望時間や曜日をハッキリ書きすぎて、融通がきかないと受け取られてしまったような気もします。
それから一年ほど充電して再び仕事探しを始めたのですが、そうしたら今度は応募1社目で採用が決まったんです。オープニングスタッフの大量募集だったこともあるのでしょうが、面接に行ったら「いつから来られます?」って聞かれてびっくりしたのと同時に飛び上がるくらい嬉しかったのを覚えています。

今はまだ子どもたち中心の生活を守りたい。
そのとき採用になったのも、今の仕事と同じ工場のピッキング作業だったのですが、働き始めて2年ほど経ったころ、工場が移転することに。移転後は送迎バスを用意してくれるとのことだったのですが、なにせ通勤時間が大幅に増えてしまうので、このまま働き続けるのは厳しいと思いやむなく退職しました。そのあと今働いている工場の募集を見つけて応募し、現在も勤務しています。前の工場と同じピッキング作業なんですが、会社が違うと扱う商品も違うので、仕事内容はけっこう違います。今の工場のほうが忙しい印象ですが、工場内を小走りで動き回ることも多くて、運動不足解消になっていますね(笑)。
子どもたちももう中学生と小学校の高学年になったので、本当はもっと働いて稼ぎたい気持ちはあるのですが、フルで勤務すると忙しすぎて私がイライラしてしまうので、それじゃあ子どもたちのためにもならないし…。それと、去年か一昨年、子どもたちを留守番させてるときに、ちょっと大きな地震があったんですよね。そのときは子どもたちがかなり動揺していたので、今はまだ留守番はあまりさせたくないなって気持ちになったのも、今の仕事のペースを続けたい理由のひとつです。

将来的には旅行業に戻りたい気持ちもあります。
もし、週に1〜2回であまり体力を使わない仕事があればダブルワークでやってみたいなって気持ちはあるんですけど、じゃあどんな仕事かって聞かれると具体的にはイメージできていなくて…。パチンコ屋さんの深夜清掃ってどうなんだろうって気になってはいるのですが、なぜだか主人があまりいい顔しないんですよね。働くこと自体は応援してくれていますし、育児にも家事にも協力的だし、不採用が続いて落ち込んでるときも支えになってくれて、主人には本当に感謝しています。なので主人が嫌がる仕事をあえてしたいとは思わないんですよね。
子どもたちが大きくなり、働ける時間が増えたら、結婚前にやっていた旅行業に関わる仕事ができたらいいなっていう気持ちが少しあります。ブランクがかなり長くなるので、新しいシステムについていけるかはわかりませんが、チャンスがあればやってみたいなって思っています。

あなたの声をお聞かせください

しゅふきたでは記事に対する感想や、取り上げて欲しい情報のご意見をお待ちしております。
こちらかお気軽に⇒ご意見・ご感想募集