しゅふきたは主婦の「働く」を応援する北海道の求人情報サイトです[毎週月曜更新]

2017/05/15[mon] update

私のシゴト探しSTORY【稲垣さんの場合】

たぶんないだろうと思っていた条件の仕事を、
なにげなく参加した説明会で見つけました。

稲垣千陽さん(27歳)
卒業後、ホテルに就職し接客業を経験。結婚を機に退職し、現在は週に1回ほど、ご主人の帰宅後に働ける、閉店後の深夜のスーパーで在庫商品を数える仕事を半年間続けている。ご主人と2歳の女の子の3人家族。
深夜に週1日だけ…という条件の求人はなかなか見つからず。
本当は子どもを保育園に預け、昼間の仕事を探そうと思っていたのですが、思っていたより待機児童が多かった上、これから仕事を探し始めるわが家の優先順位はかなり低く、早々に保育園は断念しました。3歳になったら延長預かりのある幼稚園に行かせることにしたので、それまでのあいだ、主人に子どもを見てもらえる深夜帯の仕事があればと探していたんです。でも毎日は無理なので週に1回くらいで、通うのにもそれほど不便ではなく、かと言ってどんな仕事内容なのかわからないのも不安…といういまひとつハッキリしない探し方ではなかなか見つからず…。そんなときにしゅふきた開催の合同会社説明会があるのを知り、託児もあるならちょっとひやかしに行ってみようかなという程度の気持ちで参加することにしたんです。

ほとんど特典目当てで話しを聞いたブースでそのまま面接に。
派遣会社の出展もあったので、とりあえず希望の条件で派遣の登録だけできればいいかなと思っていましたが、何社かの説明を聞くと特典があるとのことだったので、とりあえず目についたブースで話しを聞くことにしました。最初に聞いたのが今勤めている会社なのですが、正直社名も聞いたことがなかったですし、職種もどんな仕事内容なのか想像もつかなかったので、あまり期待はしていませんでした。しかし説明を聞いてみると、深夜の勤務もあるし、週に1回でもOKとのことで、希望条件にピッタリ!深夜のスーパーで商品を数えるという仕事内容も、私にもできそうと感じたので、その場で面接していただき採用になりました。それから半年くらい経ちますが、月に3〜4回ほど出勤しています。21時から長ければ朝6時くらいまでかかることもあり、それから家に帰って主人とバトンタッチで子どもの世話や家事。ほとんど寝る時間がないのでその日はきついですが、週に1回程度ならなんとかなります。仕事内容も思っていたより難しく、週に1回程度じゃなかなか慣れずに戸惑うこともあるのですが、出勤した分そのままお金が増えるので、正社員で決まったお給料をもらっていたときより、もっとがんばろうって思っちゃいます。

仕事に出るのはいい気分転換!もっと仕事がしたいと意欲が沸いています。
子どもが産まれてから、こんなに長い時間、子どもと離れるのは初めてなんですが、思ったより良い気分転換になっているなって感じています。半ばあきらめながら求人情報を眺めていたわけですが、ひょんなことから突然仕事が決まり、今ではもうひとつ同じような条件の仕事があればダブルワークしたいなって思っているくらいです。ただ、やっぱりどんな仕事内容なのかわからないと不安なので、もっと詳しくわかったらいいのになって思います。今の仕事もたぶん求人広告だけなら応募していなかったかもって思いますし…。
来年、子どもが幼稚園に入ったら、10時〜17時くらいの勤務時間で、経験のある接客業ではなく、あえて裏方の仕事を新しくやってみたいなって思っています。工場とか、そういうのになるんですかね。じつは今気になっている求人情報があって、来年もまた募集が出たら応募しようかな〜なんて、早くも一年後の仕事探しに意欲がわいているところです(笑)。

あなたの声をお聞かせください

しゅふきたでは記事に対する感想や、取り上げて欲しい情報のご意見をお待ちしております。
こちらかお気軽に⇒ご意見・ご感想募集