しゅふきたは主婦の「働く」を応援する北海道の求人情報サイトです[毎週月曜更新]

2018/06/04[mon] update

働く主婦のリアルボイス!【ビヤケラー札幌開拓使】

転職して改めて気づいた接客業の魅力。
事務の仕事を経験してから再び接客業に戻り、
カウンターで生ビールを注ぐ仕事に就きました。

西岡友美さん(41歳)
ご主人と18歳の娘さん、20歳と22歳の息子さんの5人家族。現在の職場で働き始めたのは2011年の9月から。平日の10:45〜20:00までサッポロファクトリーの煙突広場に面した「札幌開拓使麦酒・賣捌所」のカウンターで、お客様に注ぎたての生ビールを提供している。
注文を受けて生ビールを注ぎ、ご提供する仕事です。
サッポロファクトリーの煙突広場にある「札幌開拓使麦酒・賣捌所」は、館内にあるビアホール「ビヤケラー札幌開拓使」が運営している地ビールのスタンドです。私の仕事は、このスタンドでお客様にビールを提供すること。もちろん、ビールサーバーや店内の清掃なども毎日行っています。基本はひとりでお客様の注文を取りながらビールを注いでご提供するので、気がねなく自分のペースで仕事ができる反面、一気にお客様がいらして忙しくなると大変です。でもそんな時には、すぐ近くの「ビヤケラー札幌開拓使」に内線電話で連絡をして応援スタッフを頼めるので、特にストレスもなく働いています。

転職をきっかけに接客が好きだと再確認しました。
子どもたちが小さな頃は、10年ほどレストランで接客の仕事をしていました。10年続けたということもあり、「他の仕事もしてみたい」という気持ちも出てきたことから、事務の仕事に転職しました。やってみてわかったのですが、私は事務仕事に向いていなくて……。ガヤガヤ賑やかな職場から、シーンと静かな職場への転職をしたこともあり、静まりかえった空気が苦手なんだと気づきました。残念ながら1年経たずに仕事を辞め、すぐに「徒歩30分圏内で行ける接客の仕事」を条件に仕事を探して今の職場を見つけたんです。「ビヤケラー札幌開拓使」のホールスタッフとして応募したのですが、「札幌開拓使麦酒・賣捌所の仕事なら採用枠に空きがありますがどうですか?」と言われ、具体的な仕事のイメージはできなかったものの、すでに仕事を辞めていたこともあってチャレンジすることに決めました。

観光客や外国人旅行者の方もいらっしゃいます。
こちらの生ビールは、ビールの液体と泡を別々に抽出して注ぐのではなく、注ぎながら泡を作る「一度注ぎ」でご提供しています。仕事を始める際には、液体と泡が7対3のバランスで注げるように練習しました。私の感覚ではありますが、注ぎながら作る泡はきめ細やかで弾力があるんですよね。サッポロファクトリーという場所柄、地元のお客様だけではなく観光客の方も多いですし、外国人旅行者もいらっしゃいます。ビールのことを訊ねられる機会も多いので、自分で勉強したり、隣の醸造所で工場の方に教えてもらったりしてビールの知識を身につけました。札幌の観光地に関して訊ねられることもあるので最初は戸惑いましたが、みなさんから質問されるおかげで少しずつ詳しくなりました。英語は話せませんが、メニューの指さしと、単語やゼスチャーを駆使してコミュニケーションを取っています。この店は、お客様がビールを楽しみに来られる空間なので、ゆるやかな時間の流れ方も自分に合っているなと思っています。また、働いているスタッフの年齢層が比較的高いことも私にとって魅力のひとつ。今では子どもたちも大きくなり、夕ご飯を作ってくれることもあります。しばらくは、このペースで働いていくつもりです!

「元気があれば何でもできる!」
元気があって明るい方が活躍できるお仕事です。

西岡さんは常連のお客様のことを把握しており、西岡さん目当てにお越しくださる方もいるほど素晴らしい接客をしています。少し天然な面もありますが、手持ち無沙汰な時間が嫌いな性格のようなので、接客業務以外の作業も手伝ってくれるなど、とても助かる存在です。接客の仕事はお客様の数だけ方法があります。あるお客様にご提供したサービスが、必ずしも他のお客様にご満足いただけるとはかぎりません。この点が難しくもあり、醍醐味でもあると感じます。パートのみなさんは長く働いている方がほとんど。主婦の方は、お客様目線になって物事を考えたり、意見・相談をしてくれる力が優れているので、パートのみなさんの働きぶりがお客様の満足につながっていると実感しています。元気さえあれば、誰でも活躍できる現場です。勤務日数や時間の条件といったものはありませんが、週2日以上、1日4時間程度が目安でしょうか。
ビヤケラー札幌開拓使 副支配人/和田さん

ビヤケラー札幌開拓使 株式会社サッポロライオン

サッポロライオンが運営する、サッポロビールのビアホール。サッポロファクトリーのレンガ館にあり、ジンギスカンとビールが味わえる「ビヤケラー札幌開拓使」のほか、サッポロファクトリーの煙突広場に面した「札幌開拓使麦酒・賣捌所」では、できたての地ビールを提供している。
札幌市中央区北2条東4丁目 サッポロファクトリーレンガ館1階
TEL.011-207-5555