しゅふきたは主婦の「働く」を応援する北海道の求人情報サイトです[毎週月・木曜更新]

2018/03/05[mon] update

採用担当者に聞きました【雇用形態別!面接の服装】

正社員になるためや学生アルバイトの面接経験はあるけど、主婦になってからの面接って何を着て行ったらいいのかよくわからない。スーツじゃ堅すぎる?かと言って学生アルバイトと同じってわけにもいかないのでは?そんな主婦の不安を解消するため、実際に面接をおこなっている道内約80社の採用担当者に聞いてみました。

Q.面接の服装、それぞれの雇用形態でどこまでOKですか?

下のグラフを見るとやはり正社員はスーツ着用を望む声が圧倒的に多いですが、業種によってはジャケットさえ着用していればノーネクタイでもOKなところもけっこうありました。逆に学生アルバイトはTシャツ・トレーナーOKという回答が一番多く、主婦パートはその中間くらいというのが全体的な印象です。ただ、パート・アルバイトでもスーツ着用を望む企業は少なくありませんし、スーツ着用で印象が悪くなることはほとんどないと思いますので、なるべくスーツに近い服装で面接に行くのが無難のようです。
面接に行くときの服装

正社員は?⇒やはりスーツを望む声が多数

主婦パートは?⇒普段着でもOKが多数派

学生アルバイトは?⇒服装で特に求めることはなさそう

しゅふきた編集室より

募集している職種や雇用形態、または会社の方針や面接者の考え方によっても違いはありますが、どの場合も共通して求められるのは「清潔感」です。いくらスーツを着ていても、ヨレヨレだったり汚れていたりではNG。応募の電話をしたときに「服装は自由で」と言われることもあるかと思いますが、だからといってなんでもいいわけではありません。服装はやはり印象を左右する大きな要素なので、どんな募集でもスーツかジャケットなど、きちんとした服装で行くのがベター。女性の場合、正社員の募集でなければ、上は襟付きのシャツまたはTシャツやカットソーにカーディガンを羽織る、下は短すぎたり長すぎたりしないパンツやスカートで。ジーンズでもダメージ加工などされていない、きちんとした印象のものならOKでしょう。ただ、派手なメイクやアクセサリー、露出の多い服装は避けましょう。

あなたの声をお聞かせください

しゅふきたでは取り上げて欲しい読み物などのご意見をお待ちしております。
こちらからお気軽に⇒【ご意見募集】