しゅふきたは主婦の「働く」を応援する北海道の求人情報サイトです[毎週月・木曜更新]

2017/12/18[mon] update

働く主婦のリアルボイス!【北海道エネルギー】

家事を生かせる仕事もたくさんあります。
お店ぐるみで子育てを応援してくれるので、
急なお休みにもイヤな顔一つされません!

神戸愛さん(35歳)
12歳、10歳、5歳のお子さんを持つお母さん。3年ほど前に「北海道エネルギー」の「チャレンジ花川中央SS」でパートをスタート。現在は週に5〜6回シフトの7〜8時間勤務としてバリバリ活躍中。
「子育て中でも大丈夫」の言葉が決め手でした。
子どもが3人いるので、パートに出たり、育児に専念したりをしばらく繰り返していました。前職はゴルフ練習場の受付。冬期休業に伴って仕事を探すようになりましたが、面接で子どものことを優先したいと伝えるとなかなか採用に至らず…。なので、近所のガソリンスタンド「チャレンジ花川中央SS」に応募したのも正直なところダメもと(笑)。けれど、「子育て中でもぜんぜん大丈夫」と声をかけてくれて、一も二もなく働くことを決めました。私はクルマに乗るのも、洗車するのも好きなタイプ。ガソリンスタンドの業務に抵抗はありませんでしたが、セルフサービスを利用したことがなかったので、自分が給油することにはちょっとだけ不安がありました。

仕事内容は「作業」ではなく「接客」だと思います。
新人時代は給油と窓ふきからのスタート。教育係の方がそばでフォローしてくれ、困った表情を浮かべると先輩がすぐに駆けつけてくれたので安心しました。唯一の心配ごとだった給油も機械に金額やリットル数を入力して、あとは給油口にノズルを差し込むだけなので案外カンタン。その後は、洗車後の拭き上げや清算の方法などを段階的に教わりました。ガソリンスタンドの仕事は「作業」のイメージを持たれがちですが、私は「接客」だと思います。飲食店で料理のオーダーを取って運ぶか、ガソリンの種類を聞いて給油するかの違いではないでしょうか。大切なのは笑顔とお客様目線です。あと、窓を拭くにも、車内清掃にしても、ふだんの家事の延長だと考えれば主婦の視点が生かされる場面もたくさん。灯油が入ったタンクを持つような力仕事もありますが、男性スタッフがすぐに手を貸してくれます。私は腕力に自信があるので2個まで運べますが(笑)。

お店ぐるみで子どものことを考えてくれる職場です!
ここで働いてから約3年。長く勤められるのは、やっぱりお店ぐるみで子どものことを一番に考えてくれるからです。学校行事があれば週末でもお休みが取れますし、子どもが熱を出して急に休みをお願いしてもイヤな顔一つせず対応していただけます。今までシフトの希望をまったく断られたことがないからこそ、主婦の同僚が困っている時は自分も協力しなくちゃって思うんです。私の場合、最初は週4日程度の勤務でしたが、途中から状況が変わったこともあって、シフトを増やしてほしいと相談しました。上司はすぐに週5〜6日の勤務に対応してくれたんです。もちろん、その逆のパターンも受け入れてもらったパート仲間もいます。手が油で汚れちゃったり、冬場はちょっと寒い時もあるけれど、人と接することと体を動かすことが好きなら、子どもを持つ主婦にとって働きやすい職場ですよ!

主婦のみなさんの働きぶりと細やかさに応えるため、
育児に負担の少ない環境づくりを進めています。

神戸さんは、とにかく実直でスタッフからの信頼が厚いパートさん。来店されるお客様にいち早く対応したり、困っている後輩をサポートしたり、視野が広いところにも助けられています。オイルやタイヤなどの商品知識も積極的に吸収し、お客様にオススメするなど社員も舌を巻くほどの働きぶりです。神戸さんをはじめとする主婦のパートさんは、サービスルームのディスプレイや掃除も女性ならではの目線で細やか。そんなみなさんに報いるためにも、お子さんの急病やケガの際には遠慮なく休みを取れる人員体勢を整えています。2時間に1回は休憩を取ってもらっていますし、冬場はできる限り社員が外の給油作業を担当するのも私たちのモットー。主婦の方にとっても働きやすい環境づくりを進めているので、ぜひチャレンジしてほしいですね。
道央SS1部 6ブロック長兼所長/柏倉健太郎さん

北海道エネルギー株式会社

北海道最大級のネットワークを持つ石油販売会社。社会インフラやカーライフを支えるため、道内各地にサービスステーションを展開しています。
ENEOS 花川中央SS
札幌市中央区北1条東3丁目3番地 札幌スクエアセンタービル
TEL.011-209-8300