しゅふきたは主婦の「働く」を応援する北海道の求人情報サイトです[毎週月・木曜更新]

2018/08/06[mon] update

働く主婦のリアルボイス!【サービス付き高齢者向け住宅 ふるさと美園】

利用者様と年齢が近い分、
気持ちに寄り添いやすい。
それが私の役割だと感じています。

介護スタッフ・リーダー
安原静子さん (69歳)
2016年4月入社。シフト制で週5日勤務。月に3回ほど夜勤も担当する。水彩画やJAZZ鑑賞を楽しむなど、趣味が豊富。睡眠をしっかりとって、無理をしないことがモットー。
「必要とされる仕事」を求めサ高住の介護スタッフに
以前は「ケアワーカー」をしており、病院で患者さんの身の回りのお世話や見回り、病棟の掃除など、いろいろな仕事をこなしていました。
65歳で定年を迎えて退職。生活のためには年金だけでは心配ですし、元気なうちは働き続けたいという思いがあったので、ハローワークに行ったり、求人誌を見たりして、次の仕事を探しました。
長く病院で働いていたので、誰かに必要とされる仕事がしたいという気持ちが強く、そんな中、目に付いたのが今の職場の系列である「ふるさと山鼻」という、サービス付き高齢者向け住宅の求人でした。いわゆる「介護業界」で働くのは初めてでしたが、以前の職場には高齢の患者さんもいたのでなんとかなるかな…と、思い切って飛び込んでみました。

「この施設に入って良かった」の声に喜びを感じています。
仕事内容は利用者様の食事や入浴の介助など。以前の職場でも経験してきたことなので、それほど戸惑うことはありませんでした。ただ、介護保険の仕組みなどは、利用者様との話題になることも多いので理解しておかなければならず、周りの先輩たちから教わって覚えていきました。
私は利用者様と年齢が近いので、共感できる部分は多いと感じています。若いころは何でも自由にできたけれど、歳を重ねることで思うように体が動かなくなって、切ない気持ちになったりする…。そんな心境にも寄り添えることが、私の役割かなと思っています。
昨年の2月からこちらの施設でリーダーを任されています。必要とされる限りは働き続けていきたいですね。

シニア世代の活躍が利用者様の満足度につながっています!

この施設では18名のスタッフ中、60歳以上のスタッフが6名活躍しています。介護の仕事には身体介助など体力が必要な場面もありますが、自信がない方には若手スタッフや男性職員がサポートするなど、シニア世代のスタッフに過度な負担がかからないよう協力し合っています。また、サービス残業をなくしたり、有給を積極活用してもらうなど、スタッフがしっかり休養できる体制も整えています。
安原さんはいろいろな趣味をお持ちで探究心が旺盛なんです。介護について学ぶ意欲も高く、「この方ならきっと大丈夫!」とリーダーをお任せしました。若手スタッフからも頼りにされる存在なので、ぜひ長く活躍していただきたいと思っています。
運営会社/株式会社ケアサポートまごころ 代表取締役 永見洋子さん

サービス付き高齢者向け住宅 ふるさと美園

社会や地域との関わりを楽しみながら自立生活ができ、誇り高いシニアライフをエンジョイできる住まいを提供するため、株式会社TN介護サービスが運営する札幌市内に4カ所あるサービス付き高齢者向け住宅のひとつ。
札幌市豊平区美園9条1丁目5-1
TEL.011-815-7580