しゅふきたは主婦の「働く」を応援する北海道の求人情報サイトです[毎週月・木曜更新]

2018/06/25[mon] update

私のシゴト探しSTORY【佐藤さんの場合】

毎日子どもと2人っきりで過ごしていると、
社会から取り残されたような気持ちに…。

佐藤華奈さん(27歳)
専門学校卒業後に就いた販売職を結婚・妊娠後も続けていたが、子育てしながら働く環境が整っている職場ではなかったため出産を機に退職。お子さんが幼稚園に入園したので、今年の春から仕事探しを開始。ご主人、3歳の娘さんの3人家族。
以前の仕事を続けたかったが、子育てしながら続けられる職場ではなく…。
洋菓子の販売を2社で経験したのですが、結婚当時に勤めていた職場はとても働きやすくて、仕事も大好きだったんですが、つねに忙しい状態を少人数でまわしていたので、子どもの急病などで突然休んだりすると周りの人にかなり迷惑をかけてしまうため、いったん仕事を辞め、出産後に子どもを保育園に預けて子育てと両立できそうな職場を探そうと思っていました。
しかし、いざ子どもが産まれて保育園に申し込んでみると、育児休業明けでもなく新たな勤め先が決まっているわけでもない私の優先順位はかなり低く、これは無理だと諦めて、子どもが幼稚園に入ってからにしようと復帰の予定を変更しました。

求人情報を見たり、ママ友から話を聞いたり情報収集中です。
職種はやはり経験があるという理由で販売職が第一希望。学生のころに居酒屋でアルバイトしていたことがあるので、飲食店もいいかなって思っています。あと気になっているのがコールセンター。友人が結婚前から勤めていて、産休・育休を取って復帰し、今は子育てしながら働いているんですが、「子どもが熱を出したときなんかも、人数が多いから休みやすいよ」って言っていて。ただ、まったく経験がないからどんな仕事内容なのか想像できないし、お客様と直接お会いする仕事ばかりだったので、電話で話すことにも不安があり、応募するには至っていません。近所のおそば屋さんでランチタイムのみの募集もあったので、そこも気になっているし、コンビニで早朝だけ働いているママ友もいて、そういう働き方もあるのかと興味がわいてみたり。いろいろ気にはなっているのですが、まだそんなに行動できてはいません。子どもの夏休み前くらいまでには決めたいなって思っているんですが…。

働くのが当たり前という考え方が潜在的にあるんだと思います。
働きたい理由は、やはり社会とつながりたいってことですね。一日中子どもと2人きりで過ごしていると、大人と会話がしたくなります。同年代の友人たちは仕事がおもしろくなってきている頃のようで、見ているとうらやましい気持ちもあります。彼女たちからはうらやましがられたりするんですが、どっちもないものねだりとはわかっていますが…。
母もずっと仕事を持っている人なので、私の中で働くことは当たり前という意識があるんだと思います。姉がいるんですが、姉も母も販売の仕事をしており、そういう血筋なんでしょうかね(笑)。
子どもが小さい今は勤務時間と休みを優先して探しますが、中学生くらいになって手が離れたらフルタイムで働きたいです。昔やっていた洋菓子の販売がいいですね。洋菓子の見た目や、洋菓子店の入っている百貨店の雰囲気が大好きなので、好きなものに囲まれて働くのって、やはり楽しいですから。

あなたの声をお聞かせください

しゅふきたでは記事に対する感想や、取り上げて欲しい情報のご意見をお待ちしております。
こちらかお気軽に⇒ご意見・ご感想募集