しゅふきたは主婦の「働く」を応援する北海道の求人情報サイトです[毎週月・木曜更新]

2014/06/02[mon] update

人事担当者に聞きました【社員系の面接で必ずする質問は?】

正社員、契約社員、フルタイムのアルバイトなどの面接を行っている担当者に「面接で必ずする質問」を聞いてみました。短時間のパートなどとはちょっと違う視点が見えてくるかも。

この職種(希望職種)に大切なことは何だと思いますか?

何がしたい、何ができるか…ということ以上に、何を求められているかを考えられる方がいいと思っているので、「この職種(希望職種)に大切なことは何だと思いますか?」と聞きます。たとえば、事務であれば正確さや丁寧さであるとか、接客であればお客様が気持ちよく過ごせる対応だとか、営業であればフットワークの軽さなど、自分が求められることを察することのできる方がいいですね。(不動産業)

経歴・前職は?そして今後の目標は?

これまでどのような経験を積まれてきたのか、そしてどのような姿勢で仕事に取り組まれていたのかを聞くことで、「お客様目線で考えることはできるか」「実力主義に合うか」などが見てとれます。また、「○○の経験を活かしてトップを目指したい」や「さまざまな分野でスキルを磨いてプロになりたい」など、これからの明確な目標があればとても魅力的ですね。しかし、そこまでのプロセスもしっかり見えなければ伝わりませんが。(不動産業)

今まで仕事をしてきた中で、良かったことと悪かったことは?

新卒の方などには「部活や学校生活の中で、良かったことと悪かったこと」を必ず聞きます。きちんと自己分析ができているか、というところを見るためにこの質問をします。答えの内容は何でも良いのですが、整合性がとれていること、具体的に答えられることが大事です。なるべく、その方の本質をみるために、堅い面接ではなく、自由なリラックスした雰囲気で面接をしています。(事務機器等の卸)

前職を辞めた理由は?

その答えから、その方の「仕事観」や「個人の人生観」みたいのがわかるからです。例えば、今まで採用になった例で言うと「前職では固定客とじっくり向き合えるというやりがいはあったのですが、新しい取引やお客様に出会う機会が少なかったので、もっとそれを積極的にできる仕事がしたいと考え…」と、冷静に自己分析ができており、具体的なビジョンが感じられるケース。「残業が多く、給料が安く…」のような、前職から学んだことが感じられない答えは不採用になる確率が高いですね。(食品製造・卸)

当社の扱う商品について、どのようなことをご存じですか?

ディーラーである当社としては、どういった車種があるかなどの質問をします。少なくとも事前の業界研究をしているか、真剣さを確認します。営業職なので、自分が扱う商材について興味がないのは困ります。TVCMもありますし、ネットや新聞などでも情報は拾えると思うので、どんな内容でもかまわないですが、自分が働く会社を把握・働く仕事内容を想定している姿勢をみたいです。不採用になった例は「御社の○○って売れていないですよね」というような否定的な物言い。良かった例は、「自分も車を買ったときに実感したのは、どの車を…というのも大切ですが、どういった方から買う…ということも大切だと感じました」と言うように体験を話してそれを仕事の意欲のアピールにつなげているケース。(総合ディーラー)

前職の業務内容を詳しく教えてください。

電話応対ひとつにしても、取り次ぎ対応なのか、お客様とのやりとりなのか、フォロー体制やチェック体制が整った職場だったのか、そういった職場での退職理由はなんだったのかなどを具体的に聞き、当社の職場環境に合うかどうかを判断する材料とします。(業務用食料品卸会社)

家からここまでの地図か通勤経路を書いてください。

真っ白な紙に、家からここまでの地図か通勤経路を書いて説明していただいています。それによって、仕事の進め方や系統立てた考え方ができるかどうかを見られるからです。不採用になった例は「描きながら説明しているうちに、よくわからなくなってしまった」というケース。採用になったのは、地図ではなかったのですが、自宅→徒歩5分→JR○○駅→快速15分札幌駅→地下鉄南北線へ乗り換え…所要時間約30分のような、客観的な説明がされたケース。事前の準備や、応募に対する真剣さなども読み取れたのが好印象でした。(経営コンサルタント会社)

質問の答えより会話の雰囲気を見ています。

必ずする質問はありません。その人の雰囲気や過去の経歴などによって面接の流れがまったく違うので、世間話の中からその人の接客スキルを読み取ったりします。ただ、面接のときには「ちょっと元気がないけど大丈夫?」と思ったが、「人と話すことが好きで、丁寧にお客様の言っていることに耳を傾けられるような接客をしたい」という一言で採用を決めた方がいます。今では、ハツラツと働いていて、第一印象だけでは決められないなと思ったケースもありました。(アクセサリー販売)

当社についてどのようなイメージを持っていますか?

これは採用試験を受けるにあたり、事前にどれくらい当社の事を調べてくれたかを判断する質問なんです。「いい印象です」「大企業だと思います」というような表面的な答えではNG。業界についての専門知識を問うわけではありませんが、せめてホームページぐらいは見て、自分なりに考えた当社の魅力などを話して欲しいですね。(自動車部品メーカー)

仕事以外で興味を持っていることは何ですか?

技術者というと、あまり人と話をしなくてもよい仕事と勘違いされてる方が多いのですが、クライアントや社内などけっこう打ち合わせが多いんです。パソコンには詳しくても世間のことをまったく知らないとか、人とほとんど会話をしない生活をしているような方だとちょっと困るので、いろいろなことに興味を持てる方なのかどうかとか、コミュニケーションを取って仕事ができる方かどうかなどを見ます。(web制作会社)