しゅふきたは主婦の「働く」を応援する北海道の求人情報サイトです[毎週月曜更新]

2018/09/17[mon] update

働く主婦のリアルボイス!【アンワインド ホテル&バー】

お客様のチェックイン前が勝負の時間。
14時で終われるので、主婦のみなさんやダブルワークの方にもおすすめです。

夕食を作ってから、保育園に迎えに行ける時間帯です。

菊地里穂さん(26歳)
4歳の息子さんと暮らすお母さん。客室清掃スタッフとして、月曜〜土曜の9:00〜14:00の時間帯で働き始めて1年が経つ。過去にはホテルで料理を出すサービス業務の経験あり。
子どもがまだ小さいので、早めに上がれる仕事を探していました。この仕事は14時で終わるので、夕飯の支度をしてから息子を保育園へ迎えに行くことができるんです。また、仕事仲間のみなさんが、子どもの急な発熱などにも協力してくださるおかげで、万が一の時にも心強いです。
客室清掃の仕事は初めての経験。最初は時間内に4〜5部屋仕上げるのが精一杯でした。今では8部屋ほど仕上げられるようになりましたが、新人の頃は同僚のみなさんが仕事の進み具合を気に掛けてくださいました。担当した部屋をひとりで片付ける仕事ではありますが、お客様がチェックインする前にすべての部屋を終わらせなければなりませんから、最終的にはみんなで協力しあってチームプレーで終わらせます。
私が特に気をつけているのは「髪の毛」です。水回りの髪の毛は何回もチェックするのですが、確認するたびに「こんなところにあった?」という1本が出てくるものなんです。私自身も旅行に行くと、宿泊先のお風呂が目に付きます。「ゴミが落ちていないかな?」「かび臭くないかな?」と、ついつい職業目線で細かくチェックしてしまうので、自分も気をつけなくちゃと気を引き締めるようになりました。
シーツ替えなどは体全体を使った作業ですから、想像よりも体力を使います。でも、ひとりで持ち場を片付けていくので、自分のペースでできる仕事ともいえます。「接客が苦手だな」と思っている方にも向いているのではないでしょうか。直接お客様と対面することはありませんが、宿泊されたお客様が「ありがとう」ってメッセージを残してくださることも。そんなひと言をいただくと、「がんばろう!」って気持ちになります。

時間にゆとりができて、子どもを急かさなくなったかな。

平岩紗季さん(32歳)
ご主人と5歳の息子さんと暮らすお母さん。菊地さんとほぼ同時期に入社し、同じ勤務時間に働いている。過去にはスーパーでお総菜を作る仕事に就いていたが、14時で終わる勤務時間に魅力を感じて客室清掃の仕事に転職。
以前は、スーパーでお総菜を作る仕事に就いていました。7:00〜16:00と勤務時間が長かったため、子育て中ということもあり、時間が短めの仕事を探して今の仕事に転職しました。14時で仕事が終わるのは、主婦の私にとってちょうどいい時間帯。時間と気持ちにゆとりができたせいか、子どもを怒ることが減ったように思います。時間に追われていると、ついつい子どもを急かしてしまうんですよね。
過去に清掃の経験がなかったので、シーツの交換などはコツを見つけるまで時間がかかりましたが、自分なりのやり方を編み出すと仕事が早くきれいになるんです。おかげで、家でのシーツ交換も上手になりました。客室清掃は、作業項目が多いのですが、チェックシートがあるので新人の方でも確認しながら進められます。
また、お客様と対面する接客の仕事ではありませんから、服装も髪型も自由な点も特徴のひとつ。作業に支障さえなければ、ネイルや化粧もアクセサリーだって自由です。20代から60〜70代の方まで、幅広い年代の方がいらっしゃることもあり、職場の空気は和気あいあいとしています。いつも仕事前のコーヒータイムにおしゃべりをしてから、持ち場の客室へと向かうんです。仕事をスタートしてからの5時間は、あっという間です。私のように子育て中の主婦の方はもちろん、ダブルワークを希望される方にも働きやすい時間帯のお仕事だと思います。

一つひとつの作業に自分なりの工夫を加えて
より効率的に、よりきれいに仕上げてくれるふたりです。

面接時に見ているのは、コミュニケーションがとれる素直な方かという点です。あまりものごとを複雑に考えすぎず、前向きな会話ができる方を探しています。あとは、勤務日数や時間などの条件面が折り合うかどうか。デザインを意識した非日常の時間を提供する当ホテルにとって、清掃は、空間全体を快適に整えていただく「仕上げ」のお仕事です。各部屋を清掃する「繰り返しの作業」ではありますが、そこに新しい視点を見出し、より効率的できれいに仕上げることに、おもしろさを感じてくださる方が向いていると思います。ベッドシーツを替える作業などは、かなりコツが要る職人技ですから、短期よりは長期間働きたい方向けの仕事でもあります。ふたりはとにかく仕事が早くてていねいなので、とても頼りにしている存在です。
マネージャー/大場さんより

UNWIND HOTEL&BAR(アンワインド ホテル&バー)

街なかでありながら、森のロッジやコテージのような非日常感を提供するホテル。木やレンガを基調としたフロントロビーや客室は、備品一つひとつまでデザインされたおしゃれな空間。すすきのという好立地と、快適な滞在ができるという口コミから、国内旅行者だけではなく外国人旅行者も多く訪れる。
札幌市中央区南8条西5丁目289-111
TEL.011-530-6050